キッチンのシンク下に食品を収納しても大丈夫?湿気が気になる!

キッチンシンク下

キッチンのシンク下に食品を収納しても大丈夫なのか? という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

湿気の多い時期には機になる問題だと思いますので、疑問解決になると嬉しいです!

キッチンのシンク下に食品を収納しても大丈夫?

キッチンには様々なモノがありますが、シンク下に食品を収納しても大丈夫なのでしょうか?

tomomi
  シンク下に、食品は収納しない方がいいです !

なぜなら、やはり湿気がこもりやすいという事が理由です。

シンクの下には配管が通っているので、湿度が高いです。

扉や引き出しがない場合はいいと思いますが、閉ざされているのであれば食品は入れない方がいいですね。

湿度が高い事で、カビや腐敗の原因になります。

ですので、シンク下の収納には食品ではなく日用品やキッチン用品を収納するのがベストだと言えます。

アパートやマンションの場合には、キッチンの収納が少ないことが多いですが、できるだけ食品は避けるようにしてくださいね!

シンク下収納(実例)

では、我が家のシンク下の収納をお見せしたいと思います。

シンク下収納
 どんなものを収納しているか?というと…

  1. ザルボウル
  2. まな板 、牛乳パックのまな板
  3. 包丁、包丁研ぎ
  4. バット
  5. 卵スライサー
  6. ガラスのボウル
  7. 片手鍋
  8. ジップロック
  9. スライサーセット
  10. キッチンペーパー/ペーパータオル

ピーラーや包丁研ぎは、フックをつけて掛けています!(100均の粘着式のもので掛けています)

フックに掛ける

牛乳パックは、肉を切ったりちょっとしたものを切るときに使います。
そのまま捨てることができるので、便利 です。

シンク下には調理に必要なモノを入れる

主に調理するときに必要なモノを入れています。

食品は、シンクとは反対側にある収納に入れているので、調理道具ばかりです。

無印のファイルケースや100均のスタンドを利用して、それぞれに定位置を作っています。

布巾の代わりのペーパータオルとキッチンペーパーは、短い突っ張り棒を利用して取りやすく 。

ペーパータオル の収納

キッチンでの調理時間は、できるだけ作業が楽になるように取り出しやすく工夫して配置しています。

シンク下の引き出しを開けたら、ワンアクションで必要なものを取れるのが理想です。

tomomi
毎日使う場所でも、ホコリやゴミは溜まります。
汚れも付いていたりするので、定期的に拭き掃除を!!

全部出して掃除するととても気持ちがいいですね〜!
水洗いできるとスッキリです 。

湿気によるカビやニオイ対策

排水管があるため、シンクの下の収納は湿気が気になります。

湿度の高い季節には特に気をつけた方が良さそうですね 。

また、使用頻度が少ないと水の流れな少なくなり臭いも発生します。

バイオの力でカビが生えにくい環境を作り、菌の繁殖を抑制してくれます。

なんだかシンク下から嫌な臭いがしてくる…

そんなときには、使ってみると安心ですね!

 

 

まとめ

キッチンのシンク下に食品は収納しない方がいい!

配管が通っていて、引き出しや扉で閉じている分湿気がこもりやすいため。

もしも、すでに嫌な臭いがしていたりカビが気になるときはバイオの力でカビの発生を抑制するといいでしょう〜。

ここには、食品ではなく日用品や調理に使う道具をしまいましょう〜!

もともと収納が少ない住宅形態であっても、シンク下には食品を入れない工夫をしてみてくださいね。

tomomi

tomomi

本当はズボラで面倒くさがりな
私でもモノに縛られることなく
スッキリとした空間で
暮らしています。

それはモノと向き合い、自分と向き合い少しずつ暮らしを整えたからできたことなのです。

整理をして身の回りを整えるのはゴールではなく
そこから自分らしい暮らしが始まるのだと思っています!

だからこそ、できるだけ早く暮らしを整えて自分らしい時間や経済的ゆとりを手に入れること!

そうすると心にもゆとりが生まれ、本当に大切なモノが見えてきます。

かけがえのない時間を大切な人と
自由に過ごすまでにどのように辿り着いたかは私のプロフィールをご覧くださいね♪

LINE

Youtube

チャンネル登録はこちらから↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください