おすすめのドラム洗濯機はパナソニックCuble!選んだポイントを紹介!

パナソニックキューブル

我が家の洗濯機は12年も前のもの。
ドラム式の洗濯機が出はじめてまもなくだったと思います。

「長男が生まれるし、洗濯物も増える」という理由から、憧れのドラム式にしました。

大切に使ってきたけれど、ここ最近の脱水の時の音が騒音レベル

窓を開けてなど脱水できるものではありませんでした。

ちょっと重たいものだと、ガタンガタンと洗濯機が大きく揺れ、ズレる始末。
乾燥もたまに途中でエラーで止まったり、だましだまし使ってきたけれど、これはもう限界でした 。

ここでは、パナソニックのCubleを選んだその魅力をお話しします♪

おすすめのドラム洗濯機はパナソニックのキューブル

キューブル

私が選んだの洗濯機は、パナソニックのキューブル!
そのおすすめポイントは3つ!

おすすめポイント
  1. 液体洗剤・柔軟剤の自動投入
  2. 温水泡洗浄W
  3. スタイリッシュなデザイン

①液体洗剤・柔軟剤の自動投入

TVで初めてこの機能を知った時には驚きました!

洗濯機が壊れる原因の一つに洗剤の使いすぎがありますが、この機能があれば自動で洗剤の量を調整してくれるので入れすぎを防げます。

洗剤を手動で入れるのが当たり前でしたが、ちょっとした手間がなくなるのはとても助かります。

買ってきた洗剤を洗濯機搭載のタンクに入れておけばいいので、洗剤の容器も必要なくなります。
これって時間と場所の節約になります!

②温水泡洗浄W

洗剤は液体よりも泡の方が汚れが落ちやすいという。
確かに…顔を洗顔する時だって、よく泡立ててから洗顔しますもんね。

濃密な泡が汚れを包み込み、浮かせて洗い落とすそうです。
ひどい汚れの時は浸け置きしたり、手で予洗いをしていましたが、Cubleが汚れを落としてくれそうですね!

③スタイリッシュなデザイン

あまりにもおしゃれすぎて…。
西島さんと周りのインテリアがかっこいいので、最初はさすがにコレは…状態でした。

Cubleを選んだポイント

私がキューブルを選ぶ決め手となったおすすめのポイントとなる点をお話ししますね。

家電量販店にはたくさんの洗濯機が並んでいて、どの洗濯機にするかは結構迷いました。
「腰が痛い」という悩みもあったため、縦型にすべきか、ドラムにするべきかというところからでした。

縦型かドラム式かを決断できなかった私ですが、今回の決め手は飼っている猫でした。

縦型で使わないときに開けておくと、猫が落ちるのではないか?という危険からドラム式にしました。
2匹いますが、1匹は短足マンチカンなので…留守中に落ちたら危ないです!!

そうしたらどのドラム式でもいいのではないか?となりますが、わたし的には Cubleのおしゃれな点と洗剤が自動で投入される点が最大のポイント になりました。

もちろんお値段もさまざま…。

正直なところCubleは魅力的で惹かれるけれど、予算をオーバーしていたので渋るのも当然です。

でも、また10年以上使うのであれば、気に入って大切にできるモノにしたい!!という思いもありました。

ドラム式洗濯機で気をつけるポイント

大切なポイントは、扉の開閉方向です。

扉がどちらの方向に開いた方がいいかという事はとても重要です!!
選ぶ際は、気をつけてくださいね。

アパート時代に右開きタイプの洗濯機を購入し新居にそのまま引っ越して使っていました。

今の家では配置的に不便に感じていたので、扉が変わるだけでもとても嬉しいです 。

白ベースのCubleは左開きの扉がない
そうなので、必然的にシルバーのかっこいい物になりました!
これらがCubleに行き着いた理由でした!

◎使用後の感想レビューはこちらをどうぞ↓

[blobcard url=“https://iejikan-note.com/cuble2/”]

tomomi 

tomomi

本当はズボラで面倒くさがりな
私でもモノに縛られることなく
スッキリとした空間で
暮らしています。

それはモノと向き合い、自分と向き合い少しずつ暮らしを整えたからできたことなのです。

整理をして身の回りを整えるのはゴールではなく
そこから自分らしい暮らしが始まるのだと思っています!

だからこそ、できるだけ早く暮らしを整えて自分らしい時間や経済的ゆとりを手に入れること!

そうすると心にもゆとりが生まれ、本当に大切なモノが見えてきます。

かけがえのない時間を大切な人と
自由に過ごすまでにどのように辿り着いたかは私のプロフィールをご覧くださいね♪

LINE

Youtube

チャンネル登録はこちらから↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください