結露でカビだらけの窓を30分でピカピカにするキッチンハイターの使い方!

窓

冬になると窓が結露で大変な事になりますよね?
毎朝、拭き取るのは大変な作業ですよね?

私もつい結露対策をしないで、拭くことをサボったら窓が結露してしまいカビだらけ~💦

そんな悲惨な事になってしまった場合、家にある物で手軽にカビを除去してピカピカにする手順をご紹介します!

忙しくなかなか窓周りの掃除に手が回らなかった方にオススメの簡単な方法ですので、ぜひ実践して頂き、しつこいカビを撃退しましょう 😀 

結露カビを30分で除去する方法

窓 雨
用意するもの
①キッチンハイター ②キッチンペーパー ③ゴム手袋  ④ラップ ⑤ボウル
ラック ハイター 手袋
注意! キッチンハイターは塩素が強いので手荒れを引き起こすのでゴム手袋を必ずつけてくださいね!

結露カビの除去手順

次の5つの手順でカビの除去を進めていきます 😀 

  • ①キッチンハイターを水で薄める
  • ②キッチンペーパーに染み込ませて貼りつける
  • ③上からラップで覆う
  • ④30分放置する
  • ⑤濡れ雑巾でよく拭き取る
注意! 必ず窓を開けて換気をしながら行ってください!

①キッチンハイターを水で薄める

ボウルに薄める

キッチンハイターの液状のものは濃度が高いので、5倍程度に薄めました。

②キッチンペーパーに染み込ませて貼りつける

キッチンペーパーに染み込ませて、カビの生えているところに貼りつけました。

キッチンペーパーを貼り付ける

③上からラップで覆う

液体の物だと、すぐに乾いてしまうので上からラップで覆いまいました。

ラップで覆う

④30分放置する

この状態で30分ほど放置です。

⑤濡れ雑巾でよく拭き取る

30分後にラップとキッチンペーパーを剥がすと、だいぶカビは取れていました。
濡れ雑巾で何度か拭いてきれいにしてください。

根が深いカビには、原液のまま塗布するといいようですが、あまり長時間放置すると痛みの原因になるので希釈や時間はカビの程度に合わせて調整してみてください。

どうしても結露がしやすく、普通の窓と比べると掃除がしにくいので放置気味でした💦
強力なキッチンハイターを使えば、30分程度である程度はきれいにできますが、こまめに結露を拭きとるのが一番ですね!

ゴムパッキンにはジェルタイプ!

ゴムパッキンの カビには垂れてこないジェルタイプがおすすめです!
クロスとの境目もこのジェルタイプだと簡単に塗布できます!

カビキラージェルタイプ

垂れないように工夫するなら?

片栗粉とキッチンハイターを1:1の割合で混ぜ合わせ、パックするように塗布すると垂れてきません。

できたばかりの黒カビだとふき取るだけで取れます。
でも、定着してしまった黒カビは、根を張りより頑固になるので拭くだけでは取れません💦

そうなってしまった場合には、塩素系の洗剤で除去するのが一番手っ取り早く簡単です。
そうならないためにも、どのように注意して過ごせばいいのでしょうか?

黒カビを発生させないためには?

  • 結露でできた水滴を小まめに取る
  • 水滴だけではなく、ホコリも掃除する
  • 換気をして湿度を下げる
  • カビが発生しないように除菌

結露でできた水滴を小まめに取る

結露でできた水滴をそのままにせずに、小まめに取るとこが第一です!
これを怠っていた為に、カビが発生してしまいました💦
結露取りワイパーという物が売られているので、窓全面に水滴がある場合には有効的です!

結露取りワイパー

しかし、窓枠の下の部分はやっぱりタオルなどで拭き取るしかないですよね!

水滴だけではなく、ホコリも掃除する

水滴とホコリが混ざり合って、水分が蒸発しにくくなります。
なので、水滴と一緒にホコリが溜まらないように掃除をしましょう。

換気をして湿度を下げる

結露でできた水滴を取り除いたら、換気をするのが効果的です。
細く窓を開けて空気の入れ替えをします。
寒いので辛いですが、室内の水蒸気を逃がすためにも小まめに換気を!

カビが発生しないように除菌

水滴をしっかりと拭き取った後に、アルコールスプレーを吹きかけておくと予防になります。
ドーバー・パストリーゼ77を愛用してい方は、窓掃除や浴室などでも使用しているようです 😉 

パストリーゼ

まとめ

寒い冬の窓際の結露は最悪です💦
ですが、放置するともっと悲惨な事になります…

カビが軽いうちはすぐに拭きとれますが根強く住み着いてしまうとなかなか取れません。
そんな時には、塩素系の洗剤で根こそぎ除去しましょう!

家にあるキッチンハイターでやキッチンペーパー、ラップがあれば除去できます。
もちろんゴム手袋もお忘れなく(^^)/

しっかり取り除いたら、次はカビを発生させないような対策を取りましょう。

結露対策
・結露でできた水滴を小まめに取る
・水滴だけではなく、ホコリも掃除する
・換気をして湿度を下げる
・カビが発生しないように除菌

このように手を打って、もう結露によるカビに悩まされない対策をとりましょ~(^^)/

tomomi

tomomi

本当はズボラで面倒くさがりな私でも
モノに縛られることなくスッキリとした空間で暮らしています。

それはモノと向き合い、自分と向き合い少しずつ暮らしを整えたからできたことなのです。

整理をして身の回りを整えるのはゴールではなく
そこから自分らしい暮らしが始まるのだと思っています!

だからこそ、できるだけ早く暮らしを整えて自分らしい時間や経済的ゆとりを手に入れること!

そうすると心にもゆとりが生まれ、本当に大切なモノが見えてきます。

かけがえのない時間を大切な人と自由に過ごすまでに
どのように辿り着いたかは私のプロフィールをご覧くださいね♪

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください