敷布団を収納袋に入れるなら縦置きタイプがクローゼットにピッタリ!

ベッド

掛布団の収納用品はたくさんありますが、なかなか敷き布団の収納用品はありません。

そもそも布団を入れられる押入れがなかったり、保管する場所に限りがある場合には収納方法に困りませんか?

ここではクローゼットや納戸に敷布団を立てて収納できるおすすめのアイテムをご紹介します!

敷布団を縦置きの収納袋に入れる

敷布団や掛布団であれば押入れに入れて保管します。

押入れがない場合は、クローゼットなどに収納するしかない?

三つ折りにして、クローゼットに立てかけてもバランスが悪く倒れてきてしまいますよね…。

我が家では、縦置きできる収納袋に入れて立てて収納しています。

サイズ
・縦 100㎝
・円の直径 40㎝

この収納袋は、敷布団をくるくると丸めて、付属のヒモで2ヶ所縛ります。

そして、収納袋に入れるだけ。
くるくると丸めて縛ってあるため、倒れることもなく自立してくれます。

自立してくれるので、クローゼットや納戸に最適だと思います。

こちらで紹介した、収納袋は楽天で購入しました!
カラーは2色ありますが、どちらもシンプルですね〜。

 

クローゼットにコンパクトに収納

クローゼットや納戸に布団を収納するのはなかなか難しいですが、この 縦置きできる収納袋であれば可能 です。

収納袋もとてもシンプルなので、クローゼットにも馴染んでくれます。

クローゼットに入れた場合でも、洋服の下にスペースができるのでこの空きスペースに収まります。

縦にできる分空間を上手く利用できるため、2個3個と置いても邪魔にはならないです!

 

こんな場合には向きません

普段、毎日布団を敷いて寝ているよ~というような、使い方の場合にはこの収納方法は向きません

簡単に収納する事ができますが、たまにしか使わないよ~という方向けの収納袋だと思います!

収納場所によっても違いが出てくると思うので、自分に合った収納方法が見つかるととてもスッキリしますよね!

こんな風に寝かせて入れていれることもできます!

敷布団の収納

押入れの収納でも少しご紹介しましたので、こちらも一緒にご覧ください。↓

布団の枚数

みなさんはどのくらいの数の布団をお持ちですか?

  • 家族分だけ
  • 家族分+来客用
  • とにかくたくさんある

 

各家庭によって使い方・持ち方はさまざまですが、必要以上に持っているのであれば見直しましょう〜!

我が家ではみんなベッドで寝ているので、敷布団は2枚だけ用意しています。

お客さんが泊まることもなく、来るとしても両親や子供たちの友達くらい。

しかも、寒い季節には泊まりに来ないので掛け布団を用意しなくてはいけない!ということもないのです。
これは、とてもありがたい。

tomomi
布団の収納、管理はとても大変なので必要以上には持ちたくないのが本音です。

我が家の布団の総量は・・・

  • 敷布団  シングル2枚
  • 掛布団  シングル2枚 ダブル1枚
  • マットレス シングル2つ、ダブル1つ
  • 毛布      4枚
  • タオルケット  4枚

必要な量だけにしているので、これで十分かなと思います。

今のところ、とくべつ不便も感じません。

布団の枚数を見直すと、思わぬスペースが空くかもしれませんね〜!

まとめ

敷布団をクローゼットや納戸に収納するときには、 立てて置けるようにすると場所も取らずコンパクトに収納する 事ができます。

しっかりと2本の紐で縛るので、崩れることなくしっかりと収納ができますよ。

使い方や必要な布団の枚数も考えてから布団の収納を考えましょう!

tomomi

 

tomomi

本当はズボラで面倒くさがりな
私でもモノに縛られることなく
スッキリとした空間で
暮らしています。

それはモノと向き合い、自分と向き合い少しずつ暮らしを整えたからできたことなのです。

整理をして身の回りを整えるのはゴールではなく
そこから自分らしい暮らしが始まるのだと思っています!

だからこそ、できるだけ早く暮らしを整えて自分らしい時間や経済的ゆとりを手に入れること!

そうすると心にもゆとりが生まれ、本当に大切なモノが見えてきます。

かけがえのない時間を大切な人と
自由に過ごすまでにどのように辿り着いたかは私のプロフィールをご覧くださいね♪

LINE

Youtube

チャンネル登録はこちらから↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください